スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
『君は愛を歌う』/あさぎり夕


 ……ということで、1番最初の紹介記事です!!
今も昔も一番大好きな作家さんです。
私は多分、母上に最初に買い与えられたのがなかよしだったので、以来、基本的にはなかよし派なのです。(それ以前は小学館の学年誌のバレエ漫画とかですね)
『なな色マジック』が多分、私の漫画に対する初恋だと思います……(恋ってアンタ………でもそんな感じですね!!)

 今回の収録作品は表題作が平成6年6月号、同時収録のモノが平成16年6月号+平成17年3月号収録となっています。
正直な話、表題作は古くさく、それ以外は少し無理されてる感は否めないと思います。(好きだとは思えないよなコメントですね!!)
でも、それを跳ね飛ばすくらいの物があると思うんです。
勿論、ホントにホントに大好きなので贔屓目もあるんだとは思うんですが(あ、でも、BLとかは駄目なんで、そこそこ冷静に見てる面もあるかと)新しい方の2作は雑誌掲載時に(ザ・マーガレットでした)見逃し続けていたので、読めて本当に嬉しかったです。
あさぎり先生の女の子が大好きなんです。
やっぱ最近の物は男の子の方に気合いが入ってるなーって感じはしてしまうんですが(いや、男の子も好きですよ?)元気で、気が強くて、でも脆い面があって……みたいな。漫画として理想。

 表題作は以前から(&現在も)あさぎり先生のサイトに掲載されていました。(著作権の問題で歌詞の部分は差し替えられていましたが)
雑誌掲載時にも立ち読みで読んでた気はするんですが(別冊フレンドでした)なんか、やっぱ漫画は本だなあと改めて、思いました。めくる感覚とかね。
 ヒロインのミオはちょっと変わった感じかな?クールで男の子みたいな。あんまりあさぎり先生のキャラでヒロインではいなかった気がします。
相手役の銀次は逆に王道って感じですね。明るくて、元気で、バカでっぽくて。私は大抵、ライバル役のクールでかっこいい系の子の方が好きだったりしたモノですが(笑)
どの作品も、ラストがすっごいストレートです。
女の子の側が自分の気持ちを認識して、主張して、悪くいえば、ワンパターンってことになるんだろうけど、私はストレートに王道で大好きです!!

 新しい方も意識して読むと古いと感じるだけで、知らない人が普通に読んだら普通なのかもしれません。(服装とかが微妙だ…とは感じられるかもしれませんが)
線は凄く綺麗だし、流れも読みやすいし、色々ときっちり描いてあるし、全体的な水準は高いと思います。
また少女漫画も描いて欲しい!!ってのが本当に切実な本音です。
連載だとライバル役の女の子とかも凄い魅力的だし!!(今になって思えば、ヒーローがバカで見る目がないだけで、ふられてしまうライバル役の子がいい女なんじゃないかと思ってしまう場合も多々あるくらい←ヒロインは広いんで勿論、魅力的で大好きですが!!)
スポンサーサイト
【2005/05/08 12:47 】 | 少女漫画感想(単行本) | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
<<『名セリフ!』/鴻上尚史 | ホーム | リンク等に関してのお願い>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kazra.blog9.fc2.com/tb.php/3-5a658e2b
『なな色マジック』あさぎり夕
★★★☆星3つ半?ぐらい。なつかしー文庫で出たんですねぇ。思わず懐かしくて、書評かいちゃいました。中学生の頃、読んだ記憶があります。何度も書きますが、僕はビルドゥングスロマン(=成長物語)が大好きなんです。とにかく、主人公が成長を遂げていく話は、なんで ??【2005/06/18 21:51】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。