スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
『暴れん坊本屋さん2』/久世番子
 以前に1巻のレビューを書きましたが、3月に2巻が発売されます!!
発売日は3月下旬です。忘れそうな人はアマゾンで予約!!(笑)



 1巻は偶然購入だったんですが、2巻はちゃんと読みたいので発売されたらすぐに買おうと思います。感想も書きますよー!!
新書館の本はあまり縁がないのでうっかり買い逃し率が高かったりもするのが難ですが……
スポンサーサイト
【2006/02/19 12:30 】 | 発売スケジュール等 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「このマンガがすごい!2006・オンナ版」


 存在は知ってたんですが、今年、はじめて買いました。(毎年、さらっと立ち読みくらいはしてる気もするんですが)
今年はオトコ版・オンナ版に分かれてたということで、とりあえずはオンナ版からー。
ベスト20の作品のうち、5作品しか読んでない私はこんなブログをやってる資格はないのかもしれません……。
ちなみに、2005年12月11日現在、某検索サイトで「少女漫画・感想」で検索をかけると2番目に出てきます。なんてこった!!!
読んでいるのは「NANA」「プライド」「シュガシュガルーン」「監督不行届」「ガラスの仮面」以上。
自分が描くのに参考になるものを!!ってのを読む基準にしてる節があるので、どうにも偏ってるんでしょうね。

 8点以上取った作品は名前が出てるんですが、(選者は46名)
8とか9って1人で3位とか2位に推した人がいるってことね!!って思うと興味深いような気がします。
フクシマハルカさんの「チェリージュース」が9点で名前が出てるんですが、安野さんは別格としたら、りなちゃで名前があがってるの凄いね!!って思ったんですが、9点って1人しか書いてないってことなんですよね……(最低点が5点なので。1位=10点、2位=9点…で、6位までなのですね)
なんか、むしろ上位よりも1人で1位とか2位に挙げてる人のいる作品のが興味深くありません??
(いや、上位のはやっぱ上位に来るだけあって、外れナシで面白いんだと思うけど)

この厚さ(160ページくらい)752円+税って高いなーって買う前は思ったんですが、買ってみたら面白かったです。
漫画読みとしては面白かったです。
漫画描きとしてはリアルタイム対象年齢な小中学生の子達がランク付けして語ってる本とか有り難い気がするんですが……それこそ、リアの子達はそんな本を欲しがらないと思うのでありえませんねってトコですね。
もう本屋で聞き耳たてとくしか!!!(苦笑)

漫画が大好きなので、漫画について語られてるのを読むのも好きですね。
「ぱふ」とかでも年間のアンケートとかやってるけど、範囲は広いんですけど読み物としては浅いので……

オトコ版もそのうち購入してみる気まんまんです。


Hぃのばっかでオトナ版とかあったら楽しいのになと思います。
エロだけど、凄く内容あって埋もれてる作品とかあると思うんですが!!
萌え版とかどうでしょう………(まあどっかで似たようなのはありそうですが)
【2005/12/11 23:43 】 | 少女漫画描き的オススメ書籍(その他) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『暴れん坊本屋さん』/久世番子


 書店でお試し本?を読んで面白そうだったので買ってみました!!
本屋さんで働かれている漫画家さんのエッセイコミックです。
本屋さんの本音や裏話でいっぱいです。自分の単行本が自分の店で並ぶってどんな感じなんでしょうね……。

 私の友人は本屋さん及び、本屋経験者がなんでだか多いです。ええもう各種書店お取り扱い可能って感じで(笑)
書店さんによってはシステムが違ったりもするらしく、店員割引も1割だったり、0.5割だったり、全然なかったり色々らしいです。
でもまあ、とりあえず、『私は本屋は無理だ!!』とかは常々思ってたりもします。
それこそ店によるんでしょうが、駅の本屋とかは話を聞く分にはいいんですが、本当に大変そうです。
でも、本屋にお友達がいると欲しそうな本が入る時には連絡が入るのでありがたかったり……
【2005/11/26 21:37 】 | 少女漫画以外の漫画等の感想 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
『アニメがお仕事!』/石田 敦子

 久々に一気に読みました。読まずにいられなかった。
以前から機会があったら読みたいなあと思ってたんですが、読んでみたら思うところはすっごい多かったです。

 お話の中心にいるのは二卵性双生児のアニメーターさんです。
雑誌の方は未読なので、どれくらいお話が進んでいるのかはわかりませんが、動画から入った主人公がいつか原画を!!ってのが強いかな。
アニメは大まかに言うと(専門外なんで間違ってたらごめんなさい)
コンテ→原画→動画→彩色です。
動画は原画と原画を繋ぐ作業…かな。
 職種は違うけど、感覚的には近いものがあって、共感したり、痛かったりする面が多かったです。
ぶつかる壁、みたいなのは大半一緒だと思う。
携わってる人にもいろんなタイプの人がいて、何が正しいとかじゃない。

「もう
「あん時 勇気出して
アニメーターに
なっとったら
えかった」ゆうて
一生思うて思うて
暮らさんで ええ
60歳まで
アニメがやれるか
なんて知らない
今やりたいんじゃ」

「親を裏切りたくない
なのに
好きなものが
あきらめられないものが
できてしまった

こんな熱い気持ち
邪魔なだけなのに

でも
アニメがやりたい
親を泣かせても
アニメがやってみたい」


画像は1巻なんですが、3巻のこのふたつのくだりが特にああわかるなあ。と思いました。
両方ともね。
後悔なんてしたくない。
でも、後悔しないようにとしたことで、後悔するかも知れない。

夢は本当に呪いだと思います。
苦しい。
でも、楽になったら止まってしまって、死んでしまいそうです。

アニメとか、漫画とかそっちの業界を目指してる人にはオススメ出来ると思います。
というか、何かしらやりたいことのある人に。

やりたいことがあるっていうのは
苦しいけど、凄い幸福なことでもあると思います。
【2005/11/13 15:19 】 | 少女漫画以外の漫画等の感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『金魚屋古書店』/芳崎 せいむ


漫画マニアの間では、有名な古書店、
金魚屋古書店。

漫画に対する愛に溢れた作品だと思います。
凄く漫画が読みたくなるし、なんだか漫画が好きで良かったっていう気持ちになります。

作品の中で扱われている作品は読んだことのものであったり、読んだことのないものであったり、
全ての作品に対して、自分も読んでみたい!!と思えるかと言えば、そういうわけでもないんですが……
作品の中で描かれている、その漫画に関わる(?)人達の気持ちは凄くわかる気がします。
きっと別の作品が自分にとってはその作品かな…というのもあったりとか。
勿論、読んだことはあるけど、読み返してみたくなった作品もいくつもあります。
なんとなく、こんなお店で売られてる本は幸せかな…と思います。

最新刊の2巻の中では私はチッチとサリーに会いたくなりました(笑)
子供の頃、母親が購入していたのが何冊か家にあった記憶はあるんですが……どれくらいあいてるんだかも既にわかりません。
でも、読めばすっごい色々思い出しそうな気はします。
きっと変わってないんでしょうね。
変わらないって凄い素敵だと思います。






【2005/11/04 01:25 】 | 少女漫画以外の漫画等の感想 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。